NPO法人が評価する「安心安全サプリメント」

真の意味で安心して摂ることのできるサプリメントをひとりでも多くのみなさんに知っていただくべく、わたくしたちNPO法人日本サプリメント評議会は製品の安全性を評価し、「安心安全マーク」を付与しています。当会に登録されている製品はすべて、衛生試験や成分分析などのデータにうそ偽りのないことが、当会および医師などの専門家により確認されています。

医師や専門家も認めた、優秀なサプリメント サプリメントの放射性物質検査済みマークを取得する

食品の安全性が問われる中、
サプリメントも例外ではありません。

サプリメントを含む食品の製造や販売に携わる人々はみな、これから「ヨウ素131」や「セシウム137」、「ストロンチウム90」といった放射性物質に敏感に反応せざるを得ません。愛用者を抱えるメーカーのお客様相談室などにも「国産の原料を使用していると書いてあるが、放射能は大丈夫なのか」といった不安の声が数多く寄せられています。

福島原発による放射能汚染の問題は被災者の方々のみならず、日本国民全員が“食の安全”に対する危機感をひしひしと感じています。目に見えない放射性物質ですが、堆積・凝縮すればどうなるか。考えるだけでもおそろしいことです。

ごく当たり前に担保されてきた日本の“安全神話”が崩壊したいま、サプリメント業界全体で取り組まなければいけないのは、

「ひとりでも多くの消費者が、安心して商品を手にすることのできる環境づくり」

ではないかと、わたくしども日本サプリメント評議会は考えます。

そこで日本サプリメント評議会では、消費者の健康を守る観点から

  1. 製品の原料および製造工程での安全性
  2. ラベル表記の正しさ
  3. 科学的根拠の有無

などの審査を行ない、その条件を満たした製品を『安心安全サプリメント』と確定、当サイトに掲載する評価活動を行なっています。

この活動を通して、適切な品質管理のもとに製造された優れたサプリメントを広く普及させることはもちろん、業界の健全化・透明化に寄与していきたいと考えています。

日本サプリメント評議会の更新情報

2016.11.21
新規評価製品掲載
2016.8.17
新規評価製品掲載
2016.8.17
新規評価製品掲載
2016.8.17
新規評価製品掲載
2016.8.8
お知らせ
2016.5.16
新規評価製品掲載
2016.5.16
新規評価製品掲載
2016.5.16
新規評価製品掲載
2016.5.16
新規評価製品掲載
2016.5.16
新規評価製品掲載
2016.5.16
新規評価製品掲載

サプリメントの2つのリスクとは安心&安全

サプリメントの安心をおびやかす、「ラベル表示虚偽」のリスク

サプリメントのパッケージやボトルに貼られている“ラベル”は、その製品の安全性を保証するものであるのと同時に、消費者へ情報を提供する役割も担っています。ほとんどの消費者はラベルに書かれていることを“信じて”製品を選んでいます。

つまり、消費者が“信頼のおける表示”であることを前提としているラベルの情報に偽りがあったとしても、なかなかそれを見抜くことはできません。副作用など深刻な事態になって初めて虚偽が露見するわけですが、こうしたことが繰り返されれば、当該製品とその企業に対して不信感を抱くだけではなく、サプリメント業界全体に対して疑心暗鬼にならざるを得ないでしょう。“ラベル”は流通しているサプリメント全体の信頼性を根底で支えているものでもあるのです。

そこで、日本サプリメント評議会では、製品における下記の項目を確認・審査し、ラベルが本来の役割(安全性の保証、消費者への虚偽のない情報提供)を果たしているかどうかをチェックしています。

  1. 原材料の安全性は確認できているか
  2. 添加物の安全性は確認できているか
  3. 製品の栄養成分や有用成分がきちんと表示通り含まれているか(第3者機関による食品栄養成分分析データでの確認)
  4. 製造元・販売元が記載されているか

サプリメントのラベル一例

サプリメントの安全をおびやかす、「不純物摂取」のリスク

原料ベースで必要最低限の安全性が確認されていても、製造工程で成分を抽出・濃縮する際に不純物が混入する恐れがあることをご存知でしょうか。医薬品や化粧品同様、健康食品にも安全基準が設けられており、製品になった状態で衛生試験をクリアしていなければ市場に出してはいけないことになっています。しかし実際には、これもメーカー各社のモラルに委ねられているのが実情です。では、どのような不純物が想定されるのでしょうか。

サプリメントに配合される成分には『動植物性由来』と『海洋性由来』があり、それぞれ以下のような不純物が含まれる可能性があり、それぞれに安全性の基準が設けられています。

サプリメントの安全性基準

※第三者機関である食品分析会社で分析したデータのみ有効

NPO法人日本サプリメント評議会では、サプリメント摂取により健康被害が起こりうるリスクがないことを第三者機関で分析した「食品衛生試験データ」で審査し、安全性に問題がないと確認できた製品だけを「安心安全サプリメント」としてご紹介しています。

不純物を含有せず、成分表示にうそのない製品だけが「安心安全マーク」を付与されます。