日本サプリメント評議会 トップ » 評議委員 » 澤田彰史 先生

澤田 彰史先生

東京警察病院 形成外科医師

澤田彰史最近、「同じ歳でも、とても若くみえる人と老けてみえる人」の差が大きいと感じることが多くないでしょうか?今、アンチエイジングの世界でも「格差」が起きています。正しい知識を持ってアンチエイジングをしている人と、そうでない人の「健康格差」です。世の中には玉石混交のサプリメントが氾濫しています。本当に良いサプリメントもあれば、あまり意味がないものもあります。正しい知識に基づかずにサプリを選んでいると、余計なコストがかかるばかりで効果がありません。テレビや誇大広告、噂、ネットの情報などに惑わされることなく、科学的根拠に基づく正しい知識を持ってサプリを選び、正しいアンチエイジングをしましょう。

澤田彰史のプロフィール

群馬大学医学部卒業ののち、東京大学医学部附属病院形成外科学教室入局、同教室から東京警察病院形成外科に派遣され、形成外科医としての研鑽を積む。現在も同院で勤務しながら、他の都内総合病院やクリニック・診療所から依頼を受け、美容外科手術・若返り手術・レーザー治療から、やけど・ニキビ治療、皮膚がんの手術、床ずれの治療、寝たきり老人の訪問診療に至るまで幅広く医療に従事している。

総合格闘技などのリングドクター、日本テレビ「ポシュレ」やテレビ東京「てれとSHOP」のコメンテーター、「日経WOMAN」「日経ヘルス」や「夕刊フジ」の健康記事、携帯サイト「美容天気予報」のアンチエイジングコラム、フリーマガジン「ココカラ」の健康コラムなども担当。フジテレビ『発掘!あるある大辞典』や、日本テレビ『世界一受けたい授業!』の講師としての出演経験もある。
また、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画・開発を行なうアンチエイジング専門会社ARGON Co.Ltdの開発顧問医も務める。
(ARGON Co.Ltdホームページ:http://www.argon.jp/)

また、以前は体重82キロのメタボ状態であったが、独自のダイエット法で68キロ(-14キロ)に減らした経験をもつ。

澤田彰史が専門とする分野

形成外科(やけど・皮膚がん・先天奇形・顔面骨折など)、美容外科、美容皮膚科、
アンチエイジング、健康医学・予防医学

澤田彰史が所属している協会・団体

日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医

澤田彰史が執筆・監修された書籍

『「脳」が人を犯罪者に変える~「犯罪脳」を作る「食」と「生活」』(日本文芸社)
『できる!乳がん自己検診ブック』(タイムクリエイティブ 2012年2月発売 ※監修)
『30歳からのメンズ・アンチエイジング』(クリーク・アンド・リバー社 2013年7月31日 電子書籍として出版)
『ぐ~たらな私のはじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)
『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)